カフェサリアについて

カフェサリアはコーヒー生産、品質管理、焙煎。これらを全て自社で行っています。

オーナー紹介

オーナー:Herber Albeiro Sarria Agredo(ハーバー・サリア)

ハーバー・サリアはコロンビアコーヒー生産者連盟より認定を受けているコーヒー農園のオーナーである。また、広大な農園の土地を利用し敷地内に家を建設。労働者を積極的に雇用し、家を無償で提供するなど彼らの生活を支えている。

カフェサリアの誕生まで

初代サリア(ドン・アキリーノ・サリア)は、地元の農園労働者から買ったコーヒーを、カウカ地方にある商店や焙煎所に運ぶため、2頭のロバを手に入れました。徐々に商いは拡大していき、最初の農園を買うことができました。

今ではコーヒー栽培のための114ヘクタール(東京ドーム約24個分)の土地でコーヒーやその他農作物を栽培しています。

彼は1953年にイスメニア・アグレドと結婚して11人の子どもを授かり、その全員が家族の農園を手伝いました。ドン・アキリーノ・サリアは、地域全体の経験豊富な農家がどのように最高のコーヒーを育てているか学び取っていました。

ブランドのスローガン「Al Gusto Del Campesion」「農夫の味にならった」コーヒー、つまり農家の人たち自身が好んで飲むコーヒーです。

3世代に渡って味わってきたように、他の人にも愉しんでもらえることを誇りに思っています。