製造工程

一粒一粒手で使いコーヒを収穫します。

機械は一切使用しません。

コーヒーバックに詰め工場へと運びます。

重さはなんと70kg。

コーヒーの実を一箇所に集め、次の工程に移ります。

コーヒーの実を水で洗い、品質の良い実とそうでない実に分けます。

上下に人を配置し、徹底的に品質を管理します。

管理する人間を増やす事で高い品質を確保しています。

皮を剥いています。

ここでやっと一般的なコーヒーの形が見えます。

皮を剥いたコーヒを水で洗い上げ、さらに高い品質に分けていきます。

コーヒーを乾燥させます。

乾燥に使用する燃料はコーヒー皮を使し、地球環境にも配慮をしています。